フランチャイズに加盟してビジネスをはじめると、自営業者が味わう最初の苦労を省ける

フランチャイズに加入することのメリットとは?

十分な資産を築いていない状態で経験の浅い若い人が安易に自営業を始めてしまった場合、一部の天才を除き、大半は5年から10年くらいは事業が軌道に乗るまで時間がかかるものです。そして、その間にはたくさん失敗しながら少しずつノウハウを築き投げる作業を始め、朝から晩まで働いたり毎日資金繰りの事ばかり考えたり、場合によっては借金により借金取りが家にやって着たり、家族を苦しめたり、そんな事がたくさん起こることが多いものです。それに対し、長く社会人経験を積んだ人が、事業に必要な資産、そして事業がうまくいかなくても自分と家族が最低限の生活をしていけるだけの資産を形成してからフランチャイズに加入する場合は、自営業者が通常味わう、「失敗をたくさんしながら、一つ一つノウハウを築きあげる」「最初はなかなか相手にしてもらえない状態から少しずつコネを作っていく」といった苦労を、お金を支払うことで省いてノウハウやコネなどがある状態でスタートして有名ブランドの看板を背負ってビジネスをスタートでき、失敗しても問題ない充分な資産が本当にあれば自営業よりリスクは低めと言えます。

どんな業種のフランチャイズに加入するべきか?

仕事とは人生の中の大半を占めるものです。なので好きな事でないと続けていく事は難しく、特に事業不振で売り上げがなかなか上がらない時期などは精神的に相当厳しいものですので、決して儲かるかどうかに釣られて加盟FCを選んではならず、やはり儲けは少なめでも、自分が飽きずに人生の大半を捧げられる好きな事業のFCに加盟する事をお勧めします。ただし、絶対に失敗する事がないように徹底的に既存の加盟者の声や評判などを比較・分析しなければなりません。

代理店とは代理商の営業所のことです。メーカー、仕入れ先などと直接契約を結んでいる会社あるいは店を言います。