倉庫内作業に必要不可欠なフォークリフトについて

入荷と出荷を繰り返す倉庫業務

倉庫は商品や部品の保管場所として利用される施設です。

工場がある敷地内に倉庫施設にあっても、工場とは別の場所に倉庫施設が設けられているケースもあります。

商品や部品の維持時保管場所と言っても、倉庫内は入庫品と出庫品の把握が出来るように管理運営が行われています。

物流の拠点としての役割があるため、オーダーに応じて必要なものを棚から取り出す作業も必要になります。

これはピッキングと呼ぶ作業です。

注文書に記載が行われている製品や部品を倉庫内から探す、品番や品名などを確認する、そしてオーダーが行われている数を取り出すなどの作業が必要です。

1日に多くの出荷が行われるので、出荷物はパレットの上に載せられ、フォークリフトを使ってトラックに積み込むなどが倉庫内作業で行われています。

倉庫で利用するフォークリフトはバッテリー駆動式です

フォークリフトは荷物を運ぶための車両です。

先端には2つの爪が付いている、爪は上下、そして前後に動くようになっており、2つの爪はパレットの隙間に挿入が出来るようになっています。

パレットは倉庫内で欠かせないアイテムの一つ、荷物を載せておくための道具です。

荷物を人力で運ぶとなると数名の力が必要になる、何度も往復して荷物を運ばなければなりません。

しかし、パレットの上に重ねて積んでおけばまとめて荷物を移動させる事が出来るようになります。

尚、フォークリフトはガソリンを燃料にするタイプとバッテリーで動くタイプがあります。

倉庫内作業は排気ガスが溜まると健康を害する事からもバッテリー駆動式のフォークリフトが利用されています。

3PLとはサード・パーティー・ロジスティクスの略です。第三者的立場から企業間の物流を分析し、より効率的な戦略を打ち立てることで荷主と運送業者の間に発生する無駄なコストを削減することに貢献しています。