報酬から所得税を引かれているフリーランスは確定申告すべき

引かれた所得税から還付される可能性がある

クライアントから報酬を支払われるとき、所得税を引かれているフリーランスであれば、確定申告しないと損になることが多いです。「フリーランスだと、青色申告しないといけないのではないか、青色申告は面倒だと聞いたので気が進まない」という人もいるかもしれませんが、実際は白色申告で大丈夫です。白色申告は青色申告よりもずっと簡単ですし、税務署に必要な書類を持っていけば、ボランティアの税理士たちが記入を手伝ってくれることがほとんどです。では、白色申告で確定申告を行うことでどういった利点があるのでしょうか。まず、引かれた所得税の中から、いくらか還付される可能性があります。20万円から30万円戻ってくることもあるので、こういう場合申告しない手はありません。

確定申告書はクレジットカードの申し込みに使える

次に確定申告書が、クレジットカードを作るときに役立つ可能性があります。というのは、フリーランスがクレジットカードの審査に申し込むと、会社員のように、会社に勤めていれば間違いなく給料をもらっているという判断ができず、本当に収入があるのか公的な書類で確認しないといけないからです。確定申告書には、前年度、どういった会社からいくら報酬が支払われたのかということが明記されているので、その金額をもとに審査に行うわけです。また、健康保険の保険料の納付額も、フリーランスの場合、確定申告によって決められます。申告しないと、実際の収入と比べて割高な保険料を徴収されることがあるので、その点でも申告すべきです。

白色申告は確定申告の種類の1つで、経理処理に基づき所得税や法人税を計算して申告する方法です。経理の知識がなくても比較的簡単に申告が出来ます。