事業承継をするなら最低限知っておきたいことは

事業承継をするときは身内でなくてもよい

事業承継は、現在の社長が会社を引退する時、新しい社長を見つけ出し、会社を引き継がせることです。昔は、親族の中で一人事業承継する人がいて、その人が事業承継をしたため、お店でも会社でも何代もつづいて行きました。事業承継をする人は、たいてい息子になります。ところが、最近は親族以外でも事業承継をしているところが多くなっています。これは、親族、特に引き継ぐこともがいない場合や、子供が引き継ぐ意思がない場合が増えているからです。少なくとも、身内に会社を継ぐ者がいなくて会社をたたんでしまうよりも、血がつながっていない人でもよいので、適任者がいればその人に会社を引き継いでもらう方がよいでしょう。もちろん、経営者にとってみれば自分の子供のように愛情を注いできた会社ですので、全く見ず知らずの人に会社を与えるのも抵抗があります。そこで、事業承継を専門的に扱う業者に依頼して、引き継ぐ相手を見つけてもらう方法があります。

マッチングすることで適任者が現れる可能性がある

通常、マッチングをしてくれる会社は、希望者をあらかじめ募っておき、これから事業承継したい人とマッチングさせることで、意見が合致すればそのまま引き継がせることにしています。ただし、この時問題が生じることがあります。それは、金銭的な問題です。事業を引き継がせるということは、同時に会社の財産も譲り渡することになりまうす。本格的に事業承継をするならば、会社の財産をどのようにするか明確に決めておく必要があります。完全に任せてしまう場合でもよいですが、一部分は自分たちに帰属するようにしてもよいです。後々トラブルにならないためには、細かい取り決めを明確にしておくべきでしょう。

事業承継とは、会社の経営や資産及び地位などを後継者に引き継ぐことです。後継者の候補を選定したら、いつ、どのような形で権利を譲渡するのかや、譲渡後の経営方針について入念に摺合せを行うことが必要です。