簿記の知識も必要なし?誰でも青色申告を簡単に行う方法

青色申告というお得な確定申告の方法がある

まず、確定申告には青色申告と白色申告の二種類があります。青色申告の方には色々とお得なメリットがたくさん用意されているので、多くの人は青色申告を選んでいる現状がありますね。こちらの方が節税がしやすいということで、人気になっています。ただ、青色申告は本格的な申告方法になりますから、深い簿記の知識が必要になるのは要注意です。

本来なら難しい簿記の知識が必要になるもの

青色申告は、複式簿記という手法を使って記帳していかなければならないもので、その点も白色申告とは違っています。簿記についてあまり詳しくない人は、どうやって書類を作成すれば分からないこともあるでしょう。多くの人が、税理士に仕事を任せていますが、もちろん税理士を雇うとお金が出ていってしまいます。

確定申告ソフトで自動的に書類の作成ができる

世の中には、確定申告ソフトというものがあります。これを使えば、難しい簿記の知識を仕入れることもなく、税理士の先生に依頼するまでもなく、正しく青色申告用の書類が作成できて便利です。操作方法も、知識がない人向けに作られているので、難しいことは何もする必要がありません。ただ単に質問に答えていくだけで、最終的には役所に提出しても問題ない正式な申告書類ができてしまうのです。印刷もそのままできますし、これを使えば誰でも簡単に安価に確定申告を済ませられます。一本数千円でこうしたソフトは売られているので、自営業の人は買って使ってみるといいでしょう。記入ミスなども防げますから、追徴課税をされることもなくなります。

青色申告とは、65万円の特別控除など税制上の優遇を受けることのできる申告制度です。事前の届け出や、帳簿は複式簿記で記帳する必要があります。