仕事を大幅に向上させるための努力をしよう

まずは何が重要なのかを明確にする

社会人の中には仕事ができる人と仕事ができない人がいます。人間はみな24時間与えられていますので、限られた時間で仕事をこなしていかなければなりません。それにもかかわらず、仕事がうまい人と仕事が下手な人がいるのは、能力も関係あるかもしれませんが、そもそも時間の使い方に大きな隔たりがあるわけです。仕事の上手な人は、時間を上手に使います。仕事が下手な人は、時間の使い方かいい加減で、順番もバラバラなため短時間で質の高い仕事をすることができません。時間の使い方を意識することはとても重要で、限られた時間の中で何から順番にこなしていくかを考えると、やがて仕事の効率化につながっていきます。仕事の効率が悪い人は、今一度順番を明確にしましょう。

重要じゃない仕事を見極めることも大事

仕事を効率化し、能率よく仕事をするためには、何をするかが重要ですが、その半面何をしないかも重要になります。限られた時間の中で仕事を行うのであれば、無駄を徹底して省くことが重要です。例えば、A地点からB地点まで移動する場合、B地点に移動するのに必要なものを一度ですべて持っていけば2回往復する必要はなくなります。時間を無駄にする人は、1往復だけでなくに往復も3往復もしてしまいます。そこで、移動するときには、どのように移動すれば効率がいいかをよく考えてから移動しましょう。わからないときは、自分で紙に書いてみることも重要です。頭の中で考えているよりも、紙に書きだした方が客観的に自分の行動を理解することができます。

ビジネス業務において、上位職制の審査・承認が必要な場合、ワークフローを使用することにより、たとえ職制が不在であっても代理承認を受けることができ、モバイル環境から承認を受けることもできます。