起業するなら事前準備を十分に行っておくこと

お金の問題を考える必要がある

会社を起業するときには、たいていお金が不足します。最初から十分にお金をためて会社を興す人は数少なく、多くは、お金をためる前から会社を興します。足りていない分は、誰かからお金を借りるしかありません。お金を借りる方法はいくつかありますが、可能であれば銀行から借りるとよいでしょう。ただし、銀行からお金を借りる場合は、すでに信用がある場合ですので、コネクションがなければなかなか借り入れをするのは難しいのが現実です。

そこで、消費者金融やカード会社から借りる方法もあります。ビジネスローンを利用すれば借り入れをするのはそれほど難しくないでしょう。ビジネスローンは、審査がありますが、銀行から融資を受けるのと比べても短い期間で審査を終えることができます。銀行から融資をする場合は、2週間から3週間かかりますが、ビジネスローンを利用すれば最短即日借り入れすることは可能です。

国からお金の借り入れをすることもできる

起業で、お金が必要な場合は国から借り入れをすることも可能です。国の機関に日本政策金融公庫がありますが、起業する人のためにお金を貸してくれる仕組みがあります。企業の場合であれば最大1500万円まで借りることができますが、ある程度大きな会社でなければ普通は500万円ぐらいまでしか借り入れをするのことはできません。

審査もありますが、審査はその会社の事業計画書を必要とします。事業計画書を事前に作っておかなければ審査に通らないと思って間違いありません。事業計画書の作り方が分からなければ、地方自治体で書き方を説明してくれるセミナーなどもありますので利用してみるとよいでしょう。

フランチャイズとはオーナーと本部が契約を結び、ブランド力や運営ノウハウ、商品力などを活用する代わりに本部に対価を払う制度のことです。