あなたはやってる!?SNSのプライバシー設定

SNSでのトラブルを防止!!

コミュニケーションに便利と人気の高いSNSですが、普通に使っているつもりでも、意外なトラブルが発生する場合もあります。例えば、第三者にメッセージを見られてしまったり、よく知らない人から友達追加されていたりするのです。SNSにはプライバシーを守るための設定項目がありますので、きちんと設定して安心して使えるようにしておきましょう。

まず、可能ならばパスコードロックや指紋認証をかけることがおすすめです。最近では電話帳よりも多い連絡先が、アプリに入っているという人も少なくありません。ロックを上手に活用してアプリの情報をのぞかれないようにしておくのがおすすめです。

「友達追加」の設定を決める

SNSには「友達追加」に関わる設定があり、プライバシーを守るのに役立ちます。どんな人が、「自分のコンテンツを見れるか」・「自分に連絡を取れるか」、「自分を検索できるか」という項目を考慮しておきましょう。

SNSには簡単に知り合いを見つけられるよう、スマホの電話帳データを元に友達を探す機能などが備えられています。便利な反面、不用意に友達が増えていってしまうため、プライバシーも管理しにくくなる場合があります。プライバシーを重要視する方は、電話番号やIDなどで知り合いを探す機能をOFFにして、知らない人が勝手に自分を検索するのを防ぎましょう。

また、必要以上に他人が写っている写真や動画を公開したり、勝手に情報を載せることは、相手のプライバシー侵害にもなる為避けましょう。

機密文書をデータで管理する場合は、外部へのネット流出をしないようにオンラインで扱わないことが大切です。